抗がん剤の副作用【治療の種類と効果・食事】

説明 日本において、がんが原因による死亡件数は全死亡件数の3件に1件になります。
しかし、これ程多い死亡原因のがんについて、完全な治療法は確立されていません。その為に、がんと告知された多くの方は絶望し、その後に来る死について考えることになります。
現在のがん治療において、最も有用な薬として抗がん剤はがん細胞を死滅させる薬です。この抗がん剤について、がん治療でどのように使われているかなどをご紹介します。
スポンサードリンク


チェック1 辛い抗がん剤の副作用

がん治療において使う抗がん剤は、は非常に辛い副作用があります。しかし、抗がん剤の副作用を緩和する薬がなく、これは効果のある薬がないのではなく、抗がん剤が人の身体に対して強く、これに身体が正常に保てないからです。がん治療が辛い闘病になる所以が、抗がん剤の副作用です。抗がん剤の副作用について、同時にがん治療と考えてご紹介します。


チェック2 抗がん剤を使う目的

がん治療でいろいろある治療法の中、抗がん剤を使う目的は大きく3つに分けることができます。がん治療で抗がん剤を使う目的には、がんの完全治癒、延命、手術療法の補助があります。大腸がん 症状なども改善が期待できます。この抗がん剤を使う目的について、がん細胞を死滅させる本来の目的以外のことについてもご紹介します。


チェック3 抗がん剤の効果の判定ガイドライン

がん治療で使われる抗がん剤は、使っている抗がん剤ががん細胞に対して効果が出ているのか判定されます。抗がん剤の投与は1~2か月ほどをひとつの治療期間として、抗がん剤の効果をがん細胞の検査をして、がん細胞が減っているか増えているか、あるいは変化がないか状況を判定します。がん治療で抗がん剤の効果の判定にはガイドラインがあり、これに沿って効果を判定します。抗がん剤の効果の判定基準についてご紹介します。


チェック4 がん治療のインフォームド・コンセント

がん治療のインフォームド・コンセントを行う上で大切なことは、医師との十分な話し合いと確認です。がん治療にはさまざまなリスクや危険があり、安易な気持ちでの同意は適切とは言えません。がん治療は行ってみなければわからないことがたくさんあるために、患者自身が医師が勧める治療法が最も良い方法なのか判断はできません。

また、医師も治療を始めて経過を診なければ確かなことはわかりません。しかし、治療前の情報にはこれらも含まれた確実な情報が求められています。がん治療におけるインフォームド・コンセントについてご紹介します。


がん情報サービス